パチンコ うしお

パチンコ うしお

あなたも好きかも:パチンコ 古い台 打てる ゲーセン
事前に戦闘をシミュレートした後、僕はモンスターと相対する

あなたも好きかも:偽物語 スロット セカンド 朝一
 蜘蛛型のモンスターだ

「ディア――!!」「ああ! ――《フレイムアロー》!!」 ただ、先ほどの戦闘と同じ手順を踏み、ディアの魔法が放たれ――たったそれだけで、危うげもなく撃破してしまう

「おおっ、キリスト! また撃破だ!」「あ、あっけない……」 迷宮に怯えていた過去の自分が馬鹿らしくなるほどのイージーさだった

 僕は戦闘用の《ディメンション》を使っているため、攻撃を受ける気がしない

 ゲーム的に言うと技量にボーナスがつき、命中と回避に大幅な補正が入っているといったところだろうか

 そして、ディアの《フレイムアロー》は明らかなオーバーキルの上に、弾速が速過ぎるために必中である

 僕が索敵で機先を制し、最適なポジションを取る

 気づかれないようならば、《フレイムアロー》による狙撃

外したとしても対角線上に僕がいるため、敵は砲台(ディア)に辿り着けない

 崩れる箇所があるとすれば、僕が接近戦で遅れをとる場合だ

あなたも好きかも:ddon 防具 スロット
 しかし、レベル4になっている僕と敵のレベルに差があるためか、敵に不意をつかれる気がしない

 そして、一匹、また一匹と順調に僕たちはモンスターを倒していく

「――ああ

また、無傷で倒せた」「な、なあ……

キリスト

迷宮ってパーティーを組めばこんなにも簡単なものなのか?」 最初は大喜びしていたディアも、一方的に死んでいくモンスターを見かねて、とうとう疑問を口にした

「いや、そんなわけない