パチスロ ハイエナ 5号機

パチスロ ハイエナ 5号機

 少女は生気の無い目をして途方に暮れている

彼の言葉が耳に入っていないようだ

 視線も目線も合わせない抜け殻のような少女に、少年は無視するなと、駄々をこねるように耳元ではしゃぐ

「ねえねえねえ、聞いてるんですけどぉ〜

ねえねえねえってばぁ〜」 さすがに耳元で騒がれれば、気にもなる

あなたも好きかも:スロット フリーズ 初めて
生気の無い目線だけを送ると、その少年は嬉しそうに目を輝かせる

「おっ! 反応してくれた? ねえねえしてくれたね」 少女はこの少年はどこから入ってきたのだろう、この姿を見てもっと思うことがあるんじゃないだろうか、煩いとか、絶望にいたはず少女はゆっくりと起き上がるように意識を覚醒させ、考え事を始める

あなたも好きかも:弘前市 パチンコ イベント
 その水色髪の少年は無邪気な笑顔でニコニコと繋がれた少女を見ている

 生きる気力を失った少女ですらわかる、この人はおかしいと

あなたも好きかも:スロット モンキーターン4 期待値
 とはいえ反論や抵抗する気力も体力もない

殺してくれるなら儲けものだと考えた

 だから下手に喋らずに大人しくしていると、むしろそのことに興味を持ったのか、ジーっと見ている

 少女の顔を覗き込むようにジーっと、しつこくジーっと見る

「……何?」 その視線のプレッシャーに、堪らず掠れた声を出す

「おっ、やっと口聞いてくれた

……ていうか声ガラガラだねぇ」 この状況で察しろと、そっぽを向く

「で? 何なの?」 いい加減気に触るから、どっか行けと攻撃的な言い方をするが、怯む訳もなく