ドラクエ 5 sfc カジノ

ドラクエ 5 sfc カジノ

 次元属性でも氷結属性でもない魔力だった

 闇属性の魔力が『腕輪』から漏れ、僕の脊髄に浸透していく

 ――本当に終わっていいのか……? 僕は自問自答する

 足場を失い、高所から落ちるかのような恐怖が襲う

 このままだと、恐ろしい結果になると錯覚する

 ――この『腕輪』が壊れて、本当にいいのか……? 何も考えないようにしているのに、いくつも問いが浮かんでくる

 それに僕は抗えない

 ――この『腕輪』は、何よりも大切じゃなかったのか……? 闇の中、『腕輪』が大切であることだけを思い出していく

あなたも好きかも:桜井 スロット
 他の全ては抜け落ちているのに、それだけをはっきりと思い出してしまう

 そして、錠の落ちる音が聞こえた

 同時に、意識が遠のく

あなたも好きかも:パチンコ 佐世保 イベント
 『腕輪』の『呪い』が終着点に辿りつく

 闇の底で、並列展開されていた思考が収束し、たった一つのことしか考えられなくなる

 たった一つ

 相川渦波にとって、最も譲れないことだけしか考えられなくなる

 それは、『大切なものを守る』ということ

 それだけに特化したシンプルな思考形態となる

 ああ、それは当然だ