パチンコ 富山 市

パチンコ 富山 市

ちょっとっ……クマたちがっ」 クマ親子のせいにするのはずるいと思ったが、今は彼らに犠牲になってもらうのが一番だ

しかし、やはりそんな誤魔化しは通用しない

《なに? クマたちが山に帰ろうとしてるとか?》 馬鹿にしている感が強い遮り方に優樹はじっとりと目を細めたが、以前と違い、今は反論することはない

「……そうじゃないけど」と、拗ねた声で呟き目を逸らして、クマたちをそれぞれ傍に引っ張り寄せる

そんな彼女に反町は軽く息を吐き出した

《話したいことがあるなら言って

遠慮することはないんだから》 ――また数日前と似たような気配に変わってきている

あなたも好きかも:パチンコ 北斗無双 当て方
 そう感じながら優樹は俯き、内心、ほぼやけくそ気味になってそっと切り出した

「……流君、て……ね……」《うん?》「あの、ね……、どのくらい、その……あの……」 ナガレを抱く腕の力を強弱しながら、頬を赤らめてモゴモゴと口籠もっていると、《ちゃんと言って》と、茶化すことなく真面目に促され、優樹は悲しげに目を細めた

あなたも好きかも:大崎 パチンコ データ
「……生美ちゃんが、言ってたの

……男子はね、獣だ、って

……無責任の固まりだ、って

……愛してるとか言っても、そういうのはちょっとしか思ってないって

あなたも好きかも:おだのぶなのやぼう 2 パチンコ
残りのほとんどは、その……違うことで頭がいっぱいだからって

……そうなのかな、とか……思って」《つまり、優樹が訊きたいのはオレもそうなのか、ってこと?》 ただの問い掛けなのだろうが、“時期が時期”なだけに、彼を不愉快にさせたんじゃないかと思った優樹は慌てて顔を上げて強く首を振った

「そ、そうゆうんじゃないんだけどっ……」《あとで生美に苦情の電話を入れておくから》「や、やめてっ……」 不快な声に、優樹は半ベソ気味に首を振る

「ご、ごめんなさいっ……、な、なんでもないからっ

もういいからっ