熊本市内 パチンコ店

熊本市内 パチンコ店

「先にロックさんの方に行っておこうと思う

まあ、結果はわかっている…決まっていると思うけれども」《そうだね

じゃあ、ロックの部屋に行こうか》そう言い終えた時、丁度使用人専用の部屋に通じる通路の入り口に辿り着いた

あなたも好きかも:パチスロ 三重 オールナイト
入り口の扉には防犯の為に施錠がされており、その鍵は住込の使用人にだけ配られている

マスターキーを持っているのは、執事長のロックと領主であるアプリコットだけであった

「えっと、鍵はと―――あ」シュトは慣れた仕草で紅黒いコートに手を突っ込んで、固まった

そしてとりあえず、使用人部屋の入り口のドアノブをガチャガチャと回してみるが、対人関係はともかくロックの使用人教育の賜物か、確りと施錠はなされている

ガリガリと後頭部を掻いて、シュトはドアノブを見つめた

《まさか、ベタな失敗してないよね?

部屋の鍵をあの可愛らしいお嬢さんにかけてあげた、執事服の上着にいれっぱなしなんて事ないよね、シュト?》「ベタなツッコミには、ベタな返しで構わないよな?」そして、今度も慣れた手つきで今度は自分にツッコミを入れる、喋る無機物――消音器(サイレンサー)を装着した銃を腰のベルトから引き抜いた

「銃はこういう時にも、利用できるよなぁ」そんな事をを言いながら、撃哲(ハンマー)を親指で引いて減音器付の銃口をドアノブに当てる

あなたも好きかも:マカオ スロット
《まあ、人を傷つけるよりは有効的な使われ方をされているとは、僕でも思うけれどさ》「だろ?」いつもの皮肉屋の笑みを浮かべて、シュトは引き金を躊躇わずに引いた

また隠(こも)ったようなチュンとした弾が発射される音に続いて、ドアノブがガチャと鈍い金属音を出して破壊される音が、静寂に包まれている新領主邸の廊下に響く

「ネェツアークさんに貰っていた消音器を付けていても結構響くから、ある意味"眠る術"を仕込んでくれていた初代様に感謝だな」銃口をから出る硝煙をフッと息を吹いて飛ばす

《"2人の賢者"に感謝だね》銃が何気なしに、賢者に関して感謝の言葉をシュトに伝えるが、シュトは破壊したドアノブの扉を、銃を持っていない方で開きながら、また少しだけ疑問が擡(もた)げていた