スロット

スロット

難しいところです」「まあ、駄目元でやってみるしかないか

このままじゃ埒が明かないし」 考えていても埒が明かない

なので疑われる事を覚悟の上で呼ぶ事を提案するライ

マルスもそれしかないと分かっているので、特に意見は言わなかった

「オーイ! この部屋に隠れているのは分かっている! もう魔物の敵は居ない! 俺たちは魔族の幹部ブラックと、幻獣の幹部フェンリルの元、捜索しに来た者たちだ!」 そして、この部屋の者に向けて叫ぶように話すライ

 ブラックとフェンリルの命令によって来たといった方が信用されるかもしれない

なのでその彼らの名を出し、さも自分が部下であるかのように話したのだ

あなたも好きかも:カジノ 型
『フェンリルさんだと……!?』『それは本当か!?』『しかしこの足音、四足歩行では無く二足歩行のもの

あなたも好きかも:アルファ パチンコ 大阪
確かに魔物兵士では無さそうだ』『魔族の幹部の名も出た

となると我ら幻獣と敵の魔物以外にも他の者たちが来ているのか』 彼方《あちら》此方《こちら》から聞こえてくる声

やはりこの部屋に居たらしく、声の位置からするにベッドや毛布の下

花瓶の中

絵画の裏

棚の中やテーブルの引き出しに潜んでいる事が分かった

そしてフェンリルの名にいち早く反応を示した事から、どうやら幻獣兵士たちのようだ

 幻獣たちが相手ならばと、そこでライは言葉を続ける