パチスロ 導入台数

パチスロ 導入台数

「私にもよくわかんない

……原田先生がこっそり企んだみたいだよ」 最後、周りのクラスメートたちに聞こえないよう、軽く顔を近付け声を潜めると、反町は「ふうん」と鼻で返事をして、「先生さようならー」と声を掛けていく生徒にデスクから挨拶を返す原田へ目を向けた

「一度ちゃんと話をしてみたいな

“先輩”と」 意味深な呟きに優樹は少し笑って鞄を肩に提げ、彼を見上げた

「部室の前に、おやつ、買っていってもいい? ……お腹空いた」 少し口を尖らせ強請られて、反町は苦笑すると「行こうか」と促し掛けたが、「大島さん」と女子に声を掛けられ「ン?」と二人は振り返った

文化広報部の副部長の女子だ

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ 甘 カスタム
 ニコニコと二人の間に入ると、手に持っていた一枚の紙を優樹の机にスッと差し出し置いた

「コンテスト、出ない?」 唐突な誘いに優樹も反町もキョトンとして瞬きを繰り返した

 今、聞き慣れない言葉を聞いたような―― 理解が出来ず、なんとなく関係がありそうな机の紙を見下ろすと、本年度、学園祭で催されるミスハイスクール・ミスターハイスクールコンテストの見出しと、出場者募集要項が記されているのが視界に映った

あなたも好きかも:ファフナーexodus スロット やめどき
 優樹は一瞬怪訝に眉を寄せ、どういう誘いかを悟った途端、恥ずかしさを露わに慌てて首を振った

「で、出ない出ないっ! 私なんかがこんなの出られないよ!」「お昼に文化広報部の会議があって、学祭の説明があったの」 断る優樹を無視して女子は苦笑気味に続ける

「三年生限定で各クラスから出さなくちゃいけないでしょ? 今、大島さんって人気者だし、会議に集まったみんなから、どうせ大島さんが優勝だろうって言われちゃって」 ……優勝も何も

「出場する」と誰が言った? 先走った様子に優樹も反町も顔をしかめるが、女子は尚笑顔で続ける

「優勝者を出したクラスは卒業の時に特別贈答品をもらえるのよ

今年は、ミスを出したクラスにはカルティエで、ミスターを出したクラスにはブルガリだろうって」「……へ、へえー

そうなんだあー」 興味はないが、取り繕った笑顔で流れに沿う

 女子は、思い悩むように眉間にしわを寄せて胸の前で腕を組み、頭を傾けた