パチンコ 鬼武者 狂喜乱舞 7テン

パチンコ 鬼武者 狂喜乱舞 7テン

「だが、もう一手敵に損害を与えておきたい

あなたも好きかも:テーブルゲーム ボード
ちょっとばかり無茶な作戦になるが、お前に任せていいか?」「当たり前だ」 親父の質問に即答しながら、俺はもう一度拳を握り締めた

 目の前にいる赤毛の魔王はニヤリと笑うと、説明を始める

「よろしい

あなたも好きかも:パチンコ スロット 曲
では―――――――お前には敵の最終防衛ラインへ潜入し、敵の指揮官を狙撃してもらう」「…………」 正気の沙汰とは思えない作戦だった

あのマウスとラーテの群れを迂回して最終防衛ラインへと潜入し、戦車部隊に指示を出している最終防衛ラインの指揮官を狙撃して、暗殺しろと言うのである

 確かに指揮官を排除すれば、敵は総崩れになることだろう

あなたも好きかも:パチンコ 美幌 大五郎
いくら強力な兵器を持っていると言っても、優秀な指揮官が指揮を執らなければ何の役にも立たない

指揮官を喪失するという事は、前線で戦う兵士たちや兵器の”意味”を奪う事と同じだ

 だからその”意味”を奪ってこいということなのか

「できるか?」「やる」 俺だって、あんたから戦い方を教わってるんだぜ? 狙撃はラウラに遠く及ばないかもしれないが、2km先にいる敵を狙撃したこともある

敵の指揮官を狙撃するという任務になぜラウラを投入しなかったのかは疑問だが、俺はその任務を引き受けることにしていた

「ちなみに、どうしてラウラじゃないんだ?」「ラウラには狙撃手部隊を指揮し、敵の戦車のアクティブ防御システムを攻撃してもらう

そんな任務は彼女じゃなきゃ無理だろ?」「確かに」 アクティブ防御システムを狙撃して無力化する方が、下手したら俺が引き受けた任務よりも難しいかもしれない

敵はほぼ全ての戦車にアクティブ防御システムを搭載しているため、RPG-30で攻撃するか、あらかじめアクティブ防御システムを破壊してから攻撃しなければダメージを与えられない

「それに、後方にはOka自走迫撃砲の部隊もいる

こっちは任せろ」「了解(ダー)」 Oka自走迫撃砲が搭載する42cm迫撃砲は、口径だけならば戦艦大和や戦艦長門の主砲に匹敵する