パチンコ 玉積み

パチンコ 玉積み

 一緒に遊んでいた子供のひとりが手を振っていることから、きちんとした(?)母親だということがわかる

 もっとも、こんな小さな里で誘拐もどきの犯行を犯そうとしても、すぐにそれが誰かはわかってしまうので、そんな馬鹿な真似をする者はいないのだが

 母親が子供の手を引いて去っていくのを見ていた考助が、ポツリと呟いた

あなたも好きかも:平間駅 パチンコ
「なんというか・・・・・・本当に、ごく普通の風景だよねえ

・・・・・・ん? あれ? ごく普通?」 何気なく言った自分の言葉に、どこか引っ掛かりを覚えた考助が首を傾げた

「なんじゃ? なにかを見つけたのかの?」「うーん、いや、なんだろう? なにかおかしなことがあったと・・・・・・ああ、わかった」 目の前の光景とシュレインを見比べていた考助は、なにに違和感を覚えたのかがわかって、大きく頷いた

あなたも好きかも:ワゴンサービス パチンコ
 考えてみればごく単純なことだったのだ

「いま目の前の光景が『普通』だとわかっているのに、向こうの里での光景が普通じゃないと思っていなかったのがおかしかったんだと思うよ」「うん? どういうことじゃ?」 少し聞いただけでは意味がわからなかった考助の言い回しに、シュレインは首を傾げる

「えーと、どういったもんかな・・・・・・

ヴァンパイアは子供が少ない

これは普通で考えれば異常なはずなのに、それを普通だと受け入れていたほうがおかしいのではないかなと」 それは、考助も目の前の光景が無ければ気付かなかった事実だった

 なにしろ考助は、別の種族がいるという世界にいたわけではないのだ

あなたも好きかも:伊那 パチンコ マルギン
 だからこそ、考助の頭の中では、ヴァンパイア=子供が少ないという図式が成り立っていた

 だが、目の前の光景を見れば、それが間違いだったということがわかったというわけだ

 だとすれば、考助やシュレインが知る時代のヴァンパイアが、なぜ子供が少ないことをごく普通に受け入れているのかを調べれば、なにかがわかるのではないかと考えたのだ

 考助の話を聞いたシュレインは、考え込むように腕を組んだ