ドコモ スロット

ドコモ スロット

 そのふたりの会話を聞きながら、考助はわざとらしく視線を逸らしていた

 目を合わせれば、間違いなく容赦ない突っ込みが待っていることが分かる

 その考助を見て、ミツキは小さく笑って話題を元に戻した

「それはともかく、考助様

あなたも好きかも:無料 パチンコ アプリ スマホ
気にしすぎです」「そうですね

まずは話をして見ることをお勧めいたします」 ミツキの言葉にコウヒも乗っかってきた

 最後まで追求しないふたりは、なんだかんだで考助には甘いのである

 そんなことはまったく気付かずに、考助は戸惑った表情でコウヒとミツキを見た

「でも・・・・・・」「とにかく、話をしてみないことには何も進みません

あなたも好きかも:スロット 呪怨 音量調整
話し方には工夫がいるでしょうが、話をせずにため込んでおく方が危険です」 考助の反論を許さずに一気にそう言ったコウヒに対して、ミツキも頷きつつ話を続ける

「そうね

あなたも好きかも:パチンコ 日払い 梅田
とにかく考助様は、余計なことを言わずに、旅のことだけを話すようにしたほうがいいわ」「わ、わかった」 そもそも旅に出ることも決めていなかったのだが、いつの間にかその方向で進んでいるが、そのことには気づかずに考助はふたりの勢いに押されて頷いた

 考助の表に出ている言葉や態度はそうでもないが、本心では旅に行きたがっていることは、コウヒやミツキにはお見通しなのだ

 こういったときは、考助に余計なことを考えさせるよりも、勢いに任せて進めてしまったほうがいいということが経験上、よくわかっているのだ