山佐 パチスロ

山佐 パチスロ

「もー! マイン様! 見えないところだからといって、オシャレの手を抜いてはなりませんわ!」 ……デリアの女子力、マジ高い

 わたしはオシャレより防寒を優先したいが、神殿である以上、周囲が許してくれないのだ

「次の冬には忘れないように深靴を仕立てます

さすがに寒いもの」「そうなさった方が良いですわ」「マイン様は近いうちに短靴をいくつか仕立てなくてはなりませんわ

淑女らしい飾りのついた靴が一つもございませんもの

あなたも好きかも:宮城 パチンコ マンチェスター
ベンノ様に頼んで靴職人を呼んで頂いた方がよろしいですわよ」 書類仕事が一段落したらしいロジーナが口を挟んできた

春の祈念式に向かう際、持っている靴が一つでは困るかもしれないと助言をくれる

「今から頼んでおけば、祈念式には間に合いますけれど、早目に注文なさってくださいませ」「ロジーナ、そういう時間がかかりそうな大事な事は早めに言ってちょうだい」「えぇ、気を付けますわ

マイン様に何が足りないのか、私にもまだ全て把握できていないのです」 ロジーナはまさかわたしが一つしか靴を持っていないとは思わなかったらしい

あなたも好きかも:宇多田ヒカル パチンコ
同じような靴をいくつか持っているのだろうと思っていたが、冬籠りをするようになって、靴が一つしかない事実に驚いたと言う

 下町で使われている靴は二種類ある

貧乏人はサボのような木靴だ

木靴も履けなければ、ぼろ布を巻くだけか、素足であることも珍しくはない

あなたも好きかも:エブァンゲリオン パチンコ 保留
わたしはギルベルタ商会の見習い服を作る時まで、ずっと木靴を使っていた

 それに、履き潰すまで、新しい靴を作るなどという発想はできなかった

麗乃時代は用途に合わせて何足も当たり前に持っていたのに、環境は思考を変えるものだ

 わたしは書字板を開いて、ベンノに靴の仕立てを頼むと書いておく

「ねぇ、マイン様