パチンコ ソルジャー 最高 出 玉

パチンコ ソルジャー 最高 出 玉

燃え盛る炎が翼を作り、冠を形成し、衣を生成していく

黒い炎を全身に纏い、巨大化していくエベルの姿からは、限りない怒りを感じるだけだ

その怒りは、セツナとウルク、ミドガルドに向けられているのだろうが、しかし、恐れる必要はなかった

「さすがはミドガルドの娘よな」「それって褒めてる?」「後輩のことを褒めずして、なにを褒めるというのかの」「……だそうです」「わたしとしては、最高級の褒め言葉だと想うよ」「そうですか」 ラグナとミドガルドのどこまで本気かわからない発言を聞きながら、セツナは、ウルクを注視していた

その後ろ姿からは絶対的な自信を感じ取ることができる

あなたも好きかも:パチンコ ヤマト uverworld
セツナの足手まといにも邪魔にもならないという確信が、ウルクを輝かせているようだった

莫大な波光は、ウルクの姿をより美しく飾り立て、セツナはそのまばゆさに目を細めるしかない

あなたも好きかも:パチンコ どうしても 行って しまう
「見ていてください、セツナ

これがわたしの力です」 ウルクが告げ、光となった

極大の光となったウルクは、一瞬にしてエベルの元へ到達し、エベルが迎え撃つべく伸ばした両腕を容易く突き破り、胸元へと至る

エベルの全身からどす黒い炎が噴き出した

「人形など、我が敵ではないのだ!」 エベルの叫びは、負け惜しみにしか聞こえなかった

あなたも好きかも:パチンコ 都内
だが、エベルにはエベルなりの確信があったのは間違いない

その瞬間、ウルクの動きが止まったのだ

いや、静止したのはウルクだけではなかった

極大の光そのものたるウルクを包み込むように渦巻く黒い炎も、エベル自身も、なにもかもが動きを止めた

音も聞こえなければ、なんの反応もない

 それはエッジオブサーストの時間静止能力を発動している最中と同じだった

 つまり、(時間静止だと!?) セツナは、なぜか自分が時間が静止したことを認識できていることに驚きつつも、身動きひとつ取れないことに愕然とした