パチスロ 偽 物語 解析

パチスロ 偽 物語 解析

あとでちゃんと手当てするから」 ――いや、怪我する前に止めるのが普通だと……

 脳裏でそう怪訝に突っ込みながら、「で、でも……」と、転げ合う二人を振り返り戸惑う優樹に、保宅はニッコリと笑い掛けた

「それよりも、……応援してくれてありがとう」 穏やかな声で礼を告げられ、優樹は「……え?」と軽く目を見開いて保宅に目を戻した

「優樹ちゃんがいなかったら、今回の試験もヤバかったと思うよ

優樹ちゃんをエサにすると、ホントに単純な程よく言うコトを聞くヤツでね」 ……、エサ? と、脳裏で繰り返して顔をしかめるが、保宅は抱いている肩をポンポンと笑顔で叩いた

「助かったよ、優樹ちゃんがいてくれて

これから先もいろいろとダシに使わせてもらうから、よろしくね」 にこやかな笑顔で宣言されても困るが、嫌だとも言えず、優樹は「ははは……」と引き攣った笑みを浮かべた

「それで……、あの二人はなんでケンカしているのか知ってる?」 少し顔をしかめて問われ、優樹はまだ転がり掴み合っている二人に目を向けて俯いた

あなたも好きかも:化物語 パチンコ 大当たり 曲
「……その、……マー君……、白川君が、お父様の都合で……、学園を辞めてしまって……」「……そうか」 曖昧な言葉だが、その裏を察したのだろう、保宅は真顔で深く息を吐くと、慰めるように優樹の肩を撫でた

「それは残念だ

あなたも好きかも:パチンコ 旧イベント 静岡
みんな仲良くしていたのに」 優樹は「……はい」と悲しげに返事をして膝に視線を落とした

あなたも好きかも:スロット 熱い機種
「流君は、試験勉強があったから……

気にして勉強が進まなくなると大変だろうと思って、ずっと、秘密にしていたんです