ショウバイロック パチンコ 潜伏 セグ

ショウバイロック パチンコ 潜伏 セグ

がんばろうよ」 帰ってきたカガミとミズキに、温泉は諦めようと伝えたら、即座に反対された

 ミズキはともかくカガミにも反対されるとは思わなかった

 そんなに楽しみだったのかと、驚く

「ハードルが高いんだよ」 ヘイネルさんに言われた課題を説明する

 つまり、ノアサリーナ商会以外が温泉の運営をすること

運営をする者は、自らが運営できることを証明し、貴族などの圧力に対抗できること

あなたも好きかも:スロット 懐かしの名機
「大丈夫じゃん」 オレの熱弁に、ミズキは楽観的な返事をした

 どういうことだ、何か秘策でもあるのか?「え? ミズキ氏はどうするつもりなんだ?」「どうせリーダがなんとかしてくれるでしょ」 こいつ、オレの話を聞いていなかったのか? というか丸投げじゃないか

領主といい、ミズキといい、最近は丸投げが流行っているのか

困ったものだ

「まったくもう……ミズキはともかく、最初に解決する必要がある事は決まっていると思うんです

思いません?」 まるでとっかかりが無い状況だったが、カガミには解決策があるのか