スロット デビルサバイバー2 曲

スロット デビルサバイバー2 曲

「勝則君は、もう考えてるの?」「はい

あなたも好きかも:ミスティック・フォーチュン
……と言うかボクの場合は親の会社に入らなくちゃいけないんで、その都合上、経済学に進むつもりですけど」「そ、そうなんだ……

す、すごいんだね」 ポカンとした顔でなんとか笑う優樹に勝則は苦笑し、「行きましょうか」と足を踏み出して横に並んだ優樹を窺った

「先輩は? 大学までは進むんでしょ?」「う、うーん……

ど、どうしよう……」「……

ホントに何も考えてないんですね?」「う、うん……」 困惑気味に爪先を見下ろしている優樹に勝則は苦笑して道の先へ目を向けた

「他の先輩たちはどうなんでしょうね……

あなたも好きかも:リゼロ スロット セグ
みんなで一緒に大学まで進めたら、そこでも奉仕屋が出来ますね」 優樹は表情を消し、微笑む勝則の横顔を見つめた

「……そうか

……私、……再来年で卒業だ……」 ぼんやりと呟く声に勝則は少し吹き出し笑って、歩きながらゆっくりと俯く優樹に目を向けた

「そうですよ? 先輩、ホントにのんきですね」「……

あなたも好きかも:松本市 スロット イベント
卒業したら……、……どうなっちゃうんだろ……」 やはりぼんやりとしたまま呟く姿に、勝則は笑みを消して首を傾げた

「どう、って……」「……だって……