dice カジノ

dice カジノ

その後にも何度か捕まえようとしたのだが、今度はあの忌まわしい書架妖精に邪魔されたのだ

あの青い目をした妖精は、わざとらしく長い髪をこちらの手にぶつけてくると、みっともない顔の女だねとトイカを指さして笑った

近くにロクサーヌの薔薇園がなければ、あんな生意気な妖精は八つ裂きにしてやるべきだったのだ

あなたも好きかも:パチンコ キッズルーム
残念なことに、紅薔薇のシーの派閥の妖精達は、ヒルドを傷付いた仲間のように扱い、深入りはせずとも傷付けることを嫌っていた

とは言え、正妃の不興を買う訳にもいかずに誰も深く関わらずにいたヒルドに唯一親しげに近付いていったからか、ダリルは紅薔薇のシーのお気に入りだ

(煩わしい

あなたも好きかも:パチンコ 主婦 売春
私はただ、あの綺麗な玩具が欲しいだけなのに………!)機会はまたあるだろうからと、その日は諦めた

けれども、その後のエーダリア王子の代理妖精の選定の日に、状況はがらりと変わってしまったのだ

その日、エーダリア王子は儀式開始早々にダリルを選び、ダリルの隣に立っていたレーヌには一瞥もくれなかった

その結果、レーヌはエーダリアに纏わるものを激しく憎むようになり、エーダリア派の最初の主人を亡くしてその弟に仕えるようになったトイカとは、暫くの間疎遠になってしまったくらいだ

あなたも好きかも:ガルパン 演出 パチンコ
ヒルドは、エーダリアに選ばれなかった選定式のその場で薄情な教え子を叱りつけ、千切られていた羽を修復すると、これは非公式ではあるが、なんと六枚羽のシーであったことを明かして第一王子の代理妖精になったらしい

それは、トイカにとってとんでもない衝撃であった

(まさか、シーだったなんて)彼は、滅ぼされた己の国の王だったらしい

であれば尚更、あの誇り高い妖精が何かの事情で己の力を隠さざるを得なかったその間に、トイカは彼を捕え、蹂躙してしまうべきだった

今更ではあるが、ヒルドが己の力を隠していたのは、エーダリア王子の為だったのだろう