偽物語 スロット ハッピータイム

偽物語 スロット ハッピータイム

 そんなことを考えているうちに、ドルカ軍の陣地が見えてきて、彼女は考えるのをやめた

 セツナのことを考えるのは、戦いが終わってからでいい

あなたも好きかも:パチンコ 島とは
 いまは、目の前の戦いに集中するべきだ

 話を聞く限り、わずかな油断が命取りになりかねない相手のようだった

(騎士団……か) 敵は、アバード軍ではなく、ベノアガルドの騎士団だという

 そう考えておくべきだ、とエイン=ラジャールはいっていた

 そして、騎士団との戦いでは、武装召喚師の活躍にこそ勝敗の分け目があるのだ、とも

 ファリアは気を引き締めながら、ラグナを再び頭の上に移動させた

「ドーリン、レミル!」 エスク=ソーマが開口一番に部隊長のふたりを呼んだのは、シドニア傭兵団の配置場所に辿り着いてからのことだ

あなたも好きかも:スロット ライター 指定台
「はい、ただいま」「お待ちしておりましたぞー」 篝火を囲む傭兵集団の中から髭の大男と長身の女が立ち上がり、影が大きく揺らめいた

シドニア傭兵団は、現在総勢五十二人の傭兵から成り立っている

そのうち三人が幹部であり、団長代理のエスクに、部隊長のドーリン=ノーグ、レミル=フォークレイといった具合だった

残り四十九名が一般団員であり、二十五人がドーリン部隊、二十四人がレミル部隊に所属している