三木市 パチンコ バイト

三木市 パチンコ バイト

「えっと……あのですね……ここの地形がですよ

 マリーメリーメアリィの記憶によるとですね……」「よると?」「あの……この地形は……えっと……」「言い淀むな

俺たち全員の安全のためにも」「うーあの……私の理性とマリーの欲望が 今、頭の中で、激しく戦っております……」「……そうですか……」「うーあのですね……但馬が私に 何か、素敵な言葉をかけてくれると……言えるかも……」タズマエ早く帰ってこねぇかな……とあいつが入っていった店を眺める

しかし、どうやら買い物に熱中しているようでそんな気配はない

師匠の片腕で、オギュミノスに反旗を翻した巨竜の闘士という強面だと思っていたがこっちに来てから、冗談好きで料理好きというそういうキャラだったのか……という面ばかり見ているな

とタズマエについて考えて現実逃避していると、美射が頭の上から「あ、あの……まだですかぁ……ぐぬぅ……うぐぐ…… 記憶に負けそうだぁ……」「それどうしても言わなきゃダメ?」茶番に巻き込まれているだけのような気がする

「い、言わないと……色々とこの後、暴走するかも……」「……」「くぅぅ……頭の中の別人格がぁ……復活するぅ……」地下世界まで来て、いったい何をやってるんだろうな

あなたも好きかも:マリーナベイサンズ カジノ 営業時間
と肩車した美射の苦悩の声を聞きながら「がんばれー美射ー」とやる気なく言うと「……も、もっと……!私に力を……」「負けるなー」棒読みである

あなたも好きかも:高梁市 パチンコ
「くぅ……あ、愛も必要で……す……」「友達として愛してるぞー」ちゃんと条件付けをしないと言質を取られて後々大変である

「うぅ……も、もう一押し……」美射は飛び降りてきて、両目を瞑り両手を大げさに広げてきた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 無線 迷惑
抱きしめて欲しいらしい

二度目だ

仕方なく、嫌々、軽く抱きしめてやると無茶苦茶強く、両腕を背中にまわしてきた

しばらく抱きしめられたままウンザリと木々の葉の隙間から見える虹色の空を見上げる

「ふ、ふぅ……落ち着いた」ようやく美射は、両手を離した

そしてすばやく背中をよじ登って首にまたがってくる

「あの……説明をしろ……」「うぅ……頭が……」「抱きしめてまでやったんだから きちんと話せよ……」「ちょっと、あっちに向かって歩いてよ」仕方なく、美射が指し示した方向へと歩いて行く