地獄少女 宵伽 スロット 狙い目

地獄少女 宵伽 スロット 狙い目

「・・・なんか、ラスボスみたいな扱いで嫌」「ははは

いや、ごめんごめん

あなたも好きかも:京橋 パチンコ おすすめ
でも、実際そんな感じだよね?」 考助の雰囲気で察したアスラが、不機嫌な顔になった

 そんなアスラを、考助が笑って誤魔化した

「それで? どんな調子?」「それが、よくわからないんだよね

あなたも好きかも:sanyo パチンコ グッズ
こうしてベッドで横になってる分には全く問題ないんだけど、立ち上がるともうダメ」「まあ、二足歩行の動物って立つ歩くっていう動作に、かなりの能力使ってるからね」 アスラの意見に、何となく納得して頷く考助

あなたも好きかも:granblue fantasy カジノ
「いや、でも、普通は神託とかする方が、能力使わない?」「そうでもないわよ

今、考助が不自由になっているのは、あくまで人として動く動作の時よね?」「あー、なるほど

そういう事か」 アスラの言いたいことが分かり、考助は再び頷いた

 現在の考助は、魂だけで世界記録(ワールドレコード)に会ったおかげで、魂が何らかの変質を遂げている

 それが何かはアスラにも分からないのだが、その魂の変化に肉体がついて行っていないことは分かっていた

 魂の変化に、肉体が何とかバランスを取ろうとしているのだが、歩くといった動作をすることにまで処理が追いついていないのだ

「最初にこの身体に魂を入れた時みたいに、肉体を調整できないの?」「無理よ

あの時の考助の魂は、私でもきちんと把握できたけど、今の貴方はあの方の手が入っているから私にも正確には把握できないもの」 結局のところ、考助自身で自分の魂の状態を把握しないとどうしようもないという事だ

「うーむ

魂の把握ね・・・」 そんなことが出来れば苦労は無いのだが、この状況を脱するためには、どうしても克服しないといけないらしい

「なんかいい方法ない?」「あればアドバイスも出来るんだけどね

こればっかりはどうしようもないわ」 そう言って肩を竦めるアスラ