ブルー・チェリー

ブルー・チェリー

厳密には『蒼の魔王』を生み出した後の観察記録と言った方が良いか」 そう、この本の内容は書かれていた表題、サンプル4号『蒼魔王』調査記録から読み取れる通りのものだった

「大まかに説明すれば元々人間だった者を蘇生魔法で蘇らせ、魔王にした人物がその後の魔王と接触した記録だ

しかもご丁寧に四体目と書いてやがる

あなたも好きかも:スロット ストック機
少なくとも四人の魔王は全て同一人物の干渉によって生まれた存在ってわけだ」 まず書かれていたのは魔王となる前の人生についてだ

どのように生まれ、どのように生きて、どのように死んだのか

 そしてその人物の能力や素質についての分析データが書き込まれている

あなたも好きかも:sdxc スロット
 魔王を生み出した者は最初から該当者を魔王にするつもりでその素質や能力を調べていた

そしてその死にすら関わっていたのだ

「さらに言えばその後魔王として生まれ変わった者達への支援も行っている

ここに書かれていた死霊術は蘇生魔法の構築を大幅に簡略化し、魂を引き出すことだけに特化させた簡易版だ

『蒼の魔王』はアンデッドを司る不死の王とも呼ばれていたそうだな」 その人物は魔王達に自分の知識を与え、世界と衝突させた

そして最悪の歴史が生み出されたというわけだ

「与えた能力の中で共通項と言うものがあった

あなたも好きかも:スロット ラブ 嬢 出演 者
他の魔王にも同様に与えたものだ

一つは自身のテリトリーとなる魔界の生成方法、これにより魔物が生まれる土地が生み出された」 魔王は自身の魔力を大気中に伝播させ、土地を塗り替える

自分の陣地として確立させ、そこを魔界と呼び力を思う存分に発揮できるようになっていた

 その土地で発生する動植物はもれなく異形化し、人に害を成す生物を魔物と呼ぶ存在となる

「そして二つ目、人間を魔族に変換する方法だ」 そう、魔族とは元は人間だが魔王の魔力によってその存在を塗り替えられた者を指していた

 これを魔王達に伝えたのは彼らが元々人間であったからだ