パチンコ 春日部

パチンコ 春日部

「大丈夫

オンナだとは思ってないから」「じゃあなんだと思ってるのよ?」「オンナのおまけみたいなモン

あなたも好きかも:ラブ嬢プラス スロット
どっちかというとオトコ寄り」 「プッ」と、立花が吹き出し笑ったが、生美と美代子に睨まれてそっぽ向く

「何怒ってンだ?」 歩き保って白川がキョトンと問い掛けると、洋一はため息混じりに、元気なく俯いて踏み出す足下を見ている優樹の頭を軽く叩いた

あなたも好きかも:パチンコ 一関市
「このおチビちゃんが、クラスで陰口叩かれてるもんでさー」 優樹は慌ててすがり見上げた

「そ、そんなことないよっ……

そんなっ……」「そうなの?」 生美が遮り訝しげに問うと、美代子は肩をすくめた

「私も遠回しに釘差してるんだけど

効き目薄だったの」 そう言って、前の方を歩く反町の背中に笑い掛けた

「反町君がガツンと言ってくれたから、これで少しはマシになるかなぁ」「なんだよ、いじめられてたのか、おまえ?」 立花に少し不愉快そうに訊かれ、優樹は息を詰まらせてブンブンッと首を振ったが、「そうなのよー」と美代子にガックリと答えられてしまった

「大島さんは大人しいし

やられたい放題で」「そ、そんなことないよっ

……何もやられてないしっ」 優樹は焦って弁解しようとしたが、その前に背後から白川が真顔を覗かせた

「今度いじめられたらオレに言ってこいっ

オレが立花に頼んで、いじめ返してもらうからっ」「なんで遠回しにオレだよ?」と、立花は顔をしかめる

 生美は「ったく……」と、戸惑う優樹をため息混じりに少し睨んだ

「……なんにも話さないんだから」「……、は、話す程のことでも……」「ないって言うの?」「ご、ごめんなさい」「今度からちゃんと言うのよ? わかった?」「は、はい……」と、鋭い視線に怯えながら、優樹は素直に頷く