パチンコ メーカー jb

パチンコ メーカー jb

 何をしているのだ、と彼は思う

それに確か雷の属性は、その特性を持つ者は他の属性の一切を扱えなくなるのだと聞いたこともあったのに

 驚愕の隙間から抜け出そうと足掻かなかったのは、単純に男から敵意の欠片すら感じ取れなかったからだ

「ふむ」 両手の間に発生した無数の術陣を見た男は、彼にはわからない工程を踏みながらも幾度の調整を加え、最後には術陣を閉じるよう掌を合わせてから、それを突き出した

あなたも好きかも:パチンコ 鳥栖
「受け取れ」 それは、刃物だった

あなたも好きかも:北斗の拳 救世主伝説 スロット
 ナイフでもいい――刃を二本の指で掴み、柄尻を彼へと向けるようにして差し出す――いや、突き出す

 何故と、そんな疑問を浮かべるよりも早く

 ――こいつ、どっかおかしいぞ

 そんな感想を抱いた

あなたも好きかも:まどかマギカ2 パチンコ カスタム
「どうした? 扱ったことがないのはわかるが、いらないか? 受け取りもせずに捨てるのも、まあべつにいいが……」「――いや」 疑問はさておき、少なくとも彼が受け取ったのは興味があったからだ

 刃物に

 その純然たる輝きに

「……なんだ、こりゃあ」 そして幾度目かの驚きは、掌への馴染み具合だった

 吸い付くように木柄は手の中に納まり、やや長い刀身からは重みも然して感じない

これならば文字通り風を切ることだとて可能ではないか――そんな考えが、優先順位を決した

 彼はそれが予定通りだとばかりに肉塊にナイフを突き立てて地獄にも等しい痛みから救いを与え、その手ごたえのなさに躰を震わす

 ――すげえ