akb パチンコ 団塊

akb パチンコ 団塊

強化を掛ける、二人が先頭で一気に飛び込んでくれ

そして状況を把握したらすぐに退避、僕が焼くから援護をお願い」「任せろ

己が呼吸を合わせる、自分の間合いで踏み込むと良い

ミラ=ハークスよ、彼の意思と力を継ぎし者よ

己は全身全霊で君について行く」 二人の指示にミラは大きく息を吐いて、そしてこくんと力強く頷いた

バチバチッと青白い稲妻がミラとフリードさんを覆って、そして僕とマーリンさんもわずかな間をおいて強化魔術を身に纏った

あなたも好きかも:パチンコ ハワイ 閉店
無詠唱ってやっぱりずるいな……「————行きます——」——バチン——っ! と、雷鳴が響き、そして二人は姿を消した

えっ、ちょっ、待って⁉︎ 速すぎる! 置いてかないで! と、慌てふためいていると、僕の体はフワリと宙に浮いて…………マーリンさんにお姫様抱っこで運ばれていた

きゅんじゃない、足引っ張ってどうする!「————アギト——このまま聞いて

君にかけた強化は今までよりも少しだけ強く、そして特殊だ

君でも乗りこなせるギリギリの出力で、けれどいざという時の為に瞬間的な出力を上げられる様になってる

あなたも好きかも:スロットルボディ バタフライ
難しいことはない、ただ普段よりもずっとずっと強く地面を蹴るだけで良い

筋肉にかかった負荷に応じて自動でリミットを一瞬だけ切ってくれる

もし——もしも何かあったならば————」 はいっ! と、僕は力一杯返事をして、そしてマーリンさんが止まるのを待った

ミラとフリードさんの姿が迫ってくる

二人は既に何かを見つけて立ち止まっている、警戒態勢に入っているってことか

マーリンさんは僕をちょっとだけ乱暴に降ろすと、そのまま二人のすぐ後ろまで駆け寄ってその先を睨みつけた