登録 ボーナス

登録 ボーナス

この中で一番それぞれとの関わりが薄いのはペルシアである

これに関しては彼女の立場的なもの、彼女の意思的な部分、それによるある程度意図的なものであるが、実際それぞれの人物の関わりが薄い

ある意味王族としては一般層との関わりが薄いのはおかしな話ではないのだが、アンデールではそもそも貴族層が存在しないので立場とか地位とか血筋を気にするのは果たしてどうなのか、と思うところである

 ハルティーアとしてはこういった機会を利用して少しでもペルシアの交流を、と考えている

あなたも好きかも:西広島 パチンコ
まだ人種の類ならばともかく、魔物に関する相手では大人しい、害がないような相手ですら若干拒絶気味である

いや、普通の人間ならむしろ正しい対応と言えるのだが

あなたも好きかも:名古屋駅前 スロット
メルシーネとか、場合によってはヴィローサすら拒絶気味、そして城の多くの人相手ですらあまり積極的ではない

ペルシアが一番仲がいいのはアリルフィーラだろう

立場的に、またアリルフィーラも結構気遣ってくれているし

「……まあ、そういう話はそちらでね

それでキミヤ君

今回の件、前回と同じかそれ以上なくらい危険じゃないの? いえ、そもそもキミヤ君が出向いて危険じゃない事態なんてそもそもないでしょうけど……」「……聞く話によると神の剣とかいうものが相手なのだろう? 更には魔法で考えても異常なほど強力な力、特殊能力の行使があったとも

精霊の時もかなり厄介だったと思うが、今回はそれ以上ではないか?」「正直俺からすれば現地に行って直接確認しなければ何とも言えないけど……まあ、力で対抗できるならむしろ何とかなるとは思うんだけど」「ご主人様の魔力量は絶大なのです

魔法同士の撃ち合いになればまず負けないのです

そういう点では単純な力同士のぶつけ合いなら何とでもなるのですね

むしろ精霊相手の方が厄介だったのですよ」 実際殺されている死の精霊、冥精プルートを相手にしたときに比べれば単純な直接戦闘で済まされる分まだこちらの方が楽では? という考えだ

いや、普通ならまだ精霊の方が話し合いで解決できるのではと現実味があるところだ