ゴルゴ13 スロット 万枚

ゴルゴ13 スロット 万枚

……かわいいんだろうなあ」「加奈ちゃんみたいに賢くなって欲しい」「無理だね……、優樹ちゃん似なら」「流君の血を継いでるからたぶん大丈夫」「流頼みじゃないと賢くなれないのかぁ……」「え? なにそれ? なに? その無念そうな顔?」 二人のやり取りに、背後の反町と橋田が噴き出し笑う

そんな二人を怪訝に振り返った優樹は、残念そうに笑っている加奈に目を戻すとすぐに笑顔を取り戻して彼女の肩を撫でた

「来年の三月が出産予定日だからね

……産まれたら、たくさん抱いてあげてね

あなたも好きかも:パチスロ ジグマ
流優と優流が焼き餅焼いちゃうかもだけど、たくさん遊んであげてね」「……うん」 加奈は笑顔で頷くと、思い出したように「……あ」と小棚に視線を向けた

「そこ……あるの

あなたも好きかも:スペック パチンコ 評価
……あげる」 目で追った優樹は首を傾げた

――ビニール製の白い袋が盛り上がっている

あなたも好きかも:ハイスクールdd スロット やめどき
 「なんだろう?」と手に取って中を確認すると、「……わあ!」と目を見開いた

「ホントに作ってくれたのっ? ホントにっ?」 手を差し入れて引っ張り出したのは、白い毛糸生地で出来た膝掛けだ

綺麗な編み模様まで入っている

それに、“三つ”の小さな膝掛けまで

 優樹は感動した笑みでギュッと胸に抱いた

「ありがとう加奈ちゃんっ

すごく嬉しい! ねえ見て流君! これ! 流優と優流と、次の子の分も!」 「ほらほら!」と袋の口を開けて見せ付けられ、反町は間を置いてにっこりと笑った

「オレのは?」 ――根暗な笑みが……

 優樹は笑顔のままそっと彼に背を向けると、噴き出し笑うのを耐えている加奈に笑い掛けた

「ホントにありがとう