パチスロ リール

パチスロ リール

私達は」「だそうだ

いっぱい遊んでもらえよ」「「わーーい!!」」 ナルシアとフェノンが無邪気に抱きついてくる

シェイゾも子供達相手なので、無闇に振り払うことも出来ず、文句をつらつらと垂れ流す

「だあーーっ!! や、やめろ! 触るな! くっつくなぁ!? 大体な――」「ママ〜?」「はっ、アイツみたいな生意気エルフにはあれくらいの荒療治は必要だろ?」「ああっ! 人見知りを治すためですね! さすがです!」 尊敬の眼差しで、的を外れたご意見を述べたアイシア母

 さすがは天然といったところ

娘を超える天然ぷりにこちらは度肝を抜かされた

あなたも好きかも:チェンクロ スロット スキル
「……まあ、人見知りって言えば人見知りか?」「あのウチの母のフォローは大丈夫です

どこかズレているのは、いつものことなので……」「違うぞ

あなたも好きかも:ほの暗い水の底から パチンコ セグ
アレは照れ隠しだ母さん! あのエルフさんはきっと子供達に心配をかけまいと――」「ねえ、弟君

両親ともに天然なの?」「ウチの両親がすみません……」 デュノンがしっかりしている性格はどうやらアイシアだけの話ではなかったらしい

 ナルシアやのんびり屋のフェノンにも天然の気配が漂うところを見ると、デュノンが一方的に心労しそうなご家庭だ

「まあとにかくこの天然夫婦に預けておけば、このオスエルフが人間のことを少しは考え直してくれるだろ」「……もう既にな気もするけど」 シェイゾと子供達が追いかけっこをしているところを見れば、シェイゾも割と順応能力が高そうに見える

「さて、ナディ」「は、はい」「ナディもその敬語はやめよ

奴隷時代に身についちゃったんだろうけどさ」「す、すみません、リリアさん」 心の距離を埋めるのは中々難しいと思う

 俺達も親睦を深めようと思っても、王都に戻らにゃならんため、中々話もできない

「そうだよ、ナディちゃん! 私達はもうお友達なんだから、ね?」「お、お友達……ですか?」 さすがアイシア、距離の詰め方が手早すぎる

手を取り、目を合わせるように近距離まで迫るところを見ると、心身ともにと言わざるを得ない

「――なっ!? 妹に気安く……」「お……お友……達……」 するとナディは涙を流し始める