パチンコ 北斗 の けん 6

パチンコ 北斗 の けん 6

 首を傾げながら立ち上がった私は、ごめんね、とナタリアちゃんに言ってから、部屋を後にして廊下へと向かった

「もう、あの憲兵隊の指揮官がうるさくてさぁ

エージェントたちが証拠を全部開示して私が潔白だって事を証明してるし、憲兵隊の本部からも私は裏切りに関わってないって判断されてるのに、あの指揮官はまだ私の事を裏切り者の協力者って決めつけてるの

ひっく…………信じられるぅ?」「そ、そうだったんだ…………と、とっ、ところで、飲みすぎじゃない?」「許さないわ、あのデブ………ひっく、あとでしゅくせーしてやるぅー」「ねえ、そろそろビールは止めた方がいいわよ?」 もう既に、クランちゃんの顔は真っ赤になっている

彼女の目の前には空になったジョッキが5つも並んでいて、内側にこびり付いた真っ白な泡がガラス製のジョッキを彩っていた

 クランちゃんが私を連れてきたのはタンプル搭の居住区にある食堂だった

あなたも好きかも:まどマギ スロット 穢れ大
私たちが座っているのはカウンターのすぐ近くにある席で、カウンターの向こうにはせっせとソーセージをフライパンで炒めるオークの料理人がいる

あなたも好きかも:スロットマシン 修理
彼は時折クランちゃんを心配そうにちらりと見ながら、大丈夫なのかと言わんばかりに私の方を見つめてくる

 きっともう飲むのを止めた方がいいと言っても、クランちゃんは言う事を聞いてくれないでしょうね

「何言ってんのよぉ…………ひっく

あなたも好きかも:パチンコ ヴァルヴレイヴ 甘 朝一ランプ
あー、同志ー

ヴリシアビール2つ追加でぇー

あとソーセージも」「は、はい…………」 大丈夫かな…………

 アイスティーの入ったコップを拾い上げると、ビールが入ったジョッキに手を伸ばしていたクランちゃんが顔を上げた

「…………それで、ケーターはラウラを撃たなかったの?」「……………うん」「そっか…………ひっく…………」 左手でフォークを拾い上げ、お皿の上に乗っている大きなソーセージを串刺しにしたクランちゃんは、それをまだビールの泡で真っ白になっている口へと運んで食い千切る