パチンコ 宇部 ロックンロール

パチンコ 宇部 ロックンロール

「丹下さん、お客様が来てるわよ」「誰?」「木村さんって名乗ってる

名前さえ言えば分かると仰ってるけど」「ああ……

あなたも好きかも:パチンコ ミネッチ
ここへ案内してくれるかな」 そして、席を立ちかけた浦田を見上げる

「まだ仕事残ってるでしょ」「忘れ物を思い出した」「いいから、座ってなさい」 何も言わずに席に戻ったのを見届け、気持を落ち着ける

 本当は、落ち着けようとしているだけなのだが

「どうぞ」「失礼します」 ドアが開き、受付の女の子とその後から木村君が入ってくる

あなたも好きかも:大阪 低貸 スロット
 受付の子はすぐに戻り、木村君は空いていた席にすぐ座った

あなたも好きかも:ゴレンジャー パチンコ 甘
 向かい合って座っている私達を見渡せる、その斜め前の席に

「さっきは人が多かったから、沙紀とあまり話せなくってさ

だから、こうやって会いに来たんだよ」「そう」 平気でこんな事を言え、また相手にそうだと思わせるだけの存在感を持っている人である

 私は一言答えるだけで精一杯だった

「反応悪いな

わざわざ会いに来たんだから、もう少し喜んでくれよ

昔みたいに」 にやけた、意味ありげな笑み