聖闘士星矢 スロット 歴代

聖闘士星矢 スロット 歴代

あなたも好きかも:白山市 パチンコ オープン
今日の夕方まで、ガンディア軍はバハンダールにとどまり続けていた

 つまり、街道沿いの森にはなにもないと考えるのが筋ではあるのだが

 ミリュウは、なにか大切なことを見落としている気がしていた

それがなんなのかはわからないし、別段、不安があるわけではない

どんな罠が待ち受けていようと彼女には勝算がある

 やがて、敵騎馬隊の前方に森が見えてきた

あなたも好きかも:スロット台 ゴミ
夜の闇の中、黒々と茂る森は、月の光によって存在感を示している

昼間通過したときは、ただの小さな森としてしか認識できなかったが、夜に見ると、なんだか不気味に思えた

ミリュウたちの到来をいまかいまかと待ち焦がれているような、そんな錯覚

罠が張られているという思い込みがそうさせるのだろう

あなたも好きかも:ブラックジャック 海のストレンジャー
 ミリュウは目を細めると、敵騎馬隊の先頭が森に進路を定めたのを認識した

騎馬兵に告げる

「敵は森を目指しているわ」「どうするんです? 罠が仕掛けられているのでは」 騎馬兵が当然の心配をしてきたことに、ミリュウは驚きを覚えた

部隊長の命令に従うだけの人形なのかと思っていたが、多少は頭が回るらしい

「だから行くのよ」「はい?」「敵の仕掛けた罠をぶち壊せば、きっと爽快でしょうね」「は、はあ……」 要領を得ない生返事は、間違いなく、ミリュウの考え方が理解できないというものであった

侮蔑すら混じっているのかもしれない

 五竜氏族に生まれながら魔龍窟に落とされたミリュウたちを憐れみ、蔑む声があることを、彼女は知っているのだ

支配階級、特権階級にありながら、武装召喚師養成機関とは名ばかりの地獄に落とされたのだ